プロフィール

畑中鈍龍

Author:畑中鈍龍
Wikittで執筆をしています。
http://www.wikitt.jp/p/82

【経歴】
  
認知心理学修士
     ↓
外資IT企業 法人営業
     ↓
退職後、【夢】を追い活動中

【夢】
言葉で人を元気づける

(”全ての人間がやりたいことをやりたいようにやって、みんなハッピーのまま暮らしていくことが可能である”という直感的な解を証明するために考えた全ての仮説を実証し言葉で伝えること)


【これまで】

「ど」田舎で生まれ育ち(この写真がその頃)、アインシュタインのような高尚な思想を持った学者を夢見て上京しました。

学生時代は、物理学ではなく認知心理学の道に進み、人の心と言葉についての研究をし修士号を取得しました。

その後、学問だけではなくビジネスの世界を見てみたいと思い外資系の大企業で修行しましたが、ここで人の表と裏、光を影に苦悩し極度のストレスが引き金となり難病を患うことにななりました。

今は、ある閃きに従って精神の自由を獲得して平穏に暮らしています。

こんなことを言うと、宗教関係者?って思われそうですが、ご安心ください。

私は実家にお墓があるから仏教徒なんだろうなと思っている一介の日本人です。もちろん宗教は否定するものではなく、ありがたいことには心から手を合わせます。


【鈍龍という名について】

鈍龍という名前は恩師が私につけてくださった名前です。

「猛き虎よりも雲を掴まんとする鈍き龍たるべし」

まだまだ雲まで届きそうにない愚鈍な龍ですが、天を目指して
大空を飛び続けたいと思います。

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
過去のブックマークから久しぶりにこのブログを開き
ぜんぜん更新していなかったことに気づきました。

それどころか、以前このブログをやっていたことすら今思い出しました^^;

ところで、ブログの更新を復活させようかと思っております。
このFC2を使い続けるかは分かりませんが、
他で作り直すのも面倒くさい(正確にはFC2で満足している)ため
食指が動く予定は今のところ無いです。

ただ、アメブロの機能は非常に魅力的なので、3割ほどそちらに傾いてもおります。

ということで、お付き合いいただる(奇特な?)方、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

2010/11/14(日) 07:44 | コメント:1 | トラックバック:0 |
【味噌のはなし】


掃除、料理、洗濯などの役割分担で溝が生じる夫婦が多いと聞きます。
きっと、お互いにこう思っているのでしょう。
「なんでやらないの?!」と。

私は結婚していますが、結婚前の付き合いを含めて約10年間、
一度も「なんでやらないの?!」という会話をした記憶がありません。
なぜかを考えた結果、いきついた先は「気付いた方がやる」という暗黙の了解でした。

「気付いた方がやる」と決めれば、相手への問いかけが
「なんでやらないの?!」から「気にならないの?」に変わります。
「やらない理由」を考えれば言い訳になるところを
「気にならない理由」を考えれば価値観に当たります。
価値観が合わなければそもそも一緒にいられませんから関係はご破算。

価値観を計るためにも「気付いた方がやる」関係がいいなと思います。
今日は手前味噌の話になってしまいましたが、これを妻に読ませれば
「そんなこと言って気づかないふりしてるだけでしょ!」と糞味噌でしょう。

2009/06/26(金) 21:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |

【秘技 イソップのキツネ】


新しい壁にぶち当たったときに「出来る」か「出来ない」かを思うと
過去の物差しによって「出来ない」と勘違いしするので、
どうせなら「出来る」と勘違いしたほうが得です。
という話を昨日しました。

もうひとつ、新しい壁にぶち当たったときの大切な考え方があります。
それは、「出来る」「出来ない」ではなく「したい」か「したくない」かという考えです。

こう考えれば、自分に合った壁だけにチャレンジできます。
それも前向きに。
加えて、チャレンジがうまくいかなかったときには裏技があります。

秘技、イソップのキツネ。
イソップ童話に出てくるキツネはブドウが取れなかったときに
「あのブドウは酸っぱいんだ」と言って自分に暗示をかけました。
チャレンジしてうまくいかなかったら「もともとしたくなかったんだ」と思い込めばいいのです。

「したい」か「したくない」かという思考は、前向きにチャレンジする壁を選べるうえに、
失敗したときには裏技がついていますからお得感満載です。


2009/06/25(木) 23:06 | コメント:0 | トラックバック:0 |

【出来なきゃ損損】



新しい壁にぶち当たったときに、
乗り越えることが「出来る」か「出来ない」かをあらかじめ決めると、
ほとんどの場合「出来ない」という答えになります。

なぜそうなるかと言うと、「出来る」か「出来ない」かを
考えるときの物差しは自分の過去だからです。

過去の経験と照らし合わせて答えを探ろうとしても、
そもそも過去に無いから新しい壁なのですから、答えが出るはずありません。
それなのに無理矢理に答えを探ると「出来ない」になります。
この「出来ない」は勘違い。

出来るか出来ないかを事前に知ることが出来なければ「出来る」と勘違いしてしまえばいいですね。
同じアホならという言葉の通り、同じ勘違いなら「出来る」としなきゃ損損。

2009/06/24(水) 19:32 | コメント:0 | トラックバック:0 |
【飲んだら乗るな、脳膿んでも乗るな】


■交通事故について興味深い話を聞きました。
大きな事故を起こした人の8割は、事故の2時間前に言い争いの喧嘩をしているのだそうです。
ある方が警察幹部から聞いた信憑性のある話です。

■この話を聞いて、私は怒りのエネルギーで脳が膿んでいるのだと感じました。
言い争いの喧嘩をした後、2時間も経てば表面上は忘れていても、深層心理でいつまでも怒りを持ち続けています。
そのため、脳は適切な処理が出来ない状況に陥っており(脳が膿んでおり)運転に集中することが出来ず事故を起こしてしまう。

■怒りの波動はマイナスで、脳に無駄な思考を科して(脳を膿ませて)しまいます。
脳が膿んだ状態で運転すれば事故につながりますが、他のことでも同じです。
激しい怒りを感じた後のテストや睡眠では十分な結果を得られなかった経験が誰にでもあるのでは無いでしょうか。

■怒りがもたらすのは膿んだ脳です。
膿んだ脳は、運転なら事故、テストなら低得点、睡眠なら寝不足をもたらします。

■膿んだ脳にしないためには、怒りを持たないことです。
しかし、聖人で無い限り怒りを全く持たないことはできません。

■そこでできることは一つ。
怒りが十分に静まるまで行動を自制することです。

飲酒運転の標語と同じです。

■飲んだら乗るな 脳膿んでも乗るな

2009/06/04(木) 00:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
発行者へメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。